高性能なVシート

(公共建築工事 標準仕様書 S-C1工法適合)

あらゆる建物や店舗の中には防水工事が必須で、既に老朽化で漏水にお困りの方、これから工事を進めるにあたり漏水を心配される方も多いのではないでしょうか。

当社では、施工の安全性と環境や人体への安全性を考えVシートによる施工をしています。

Vシートは、優れた特性を持つ EVA (エチレン酢酸ビニル共重合体)樹脂シートの両面に特殊繊維を植毛し、セメントで貼り付けられるという新たな特性を付与した画期的な防水シートです。しかもVシート防水は柔軟性があり下地の動きや振動、さらには構造クラックに対する追随性が抜群で極めて安全性が高い防水技術です。

では、Vシートの安全性とはどのようなものでしょうか。

  • 責任施工システム → メーカー指導の下、責任施工を基本としております 
  • 現場での施工安全性 → 施工の際に溶剤、火気を使用しません
  • 環境や人体への安全性 → 無煙・無臭・低騒音

また、特に施工の依頼を受ける飲食店の厨房、トイレ、ホテルやフィットネスジムの浴室にはKS AR工法で施工します。
コンクリートブロックによる間仕切りやステンレス製のグリストラップが使われることが多い厨房をはじめ、トイレ等の水回り、常に水が貯まってる浴槽などは漏水の心配も大きくなりがちですが、 KS AR 工法では補強塗りや補助張り・補強張りを入念に行う事でこれらの不安を解消します。

当社はケイエス防水工業㈱から指導を受けたVシートの指定施工業者です

10年保証の責任施工をいたします

Vシート KS-AR工法